スウェーデン鋼耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE(デュロキサイト)

 
トップページ 産業機械製品 HARDOX製品 HARDOX技術資料 TOOLOX STRENX 事業内容 お問い合わせ
 

  スウェーデン鋼耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE(デュロキサイト)について

耐摩耗肉盛り鋼板 耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE(デュロキサイト)はスウェーデンスティール(SSAB)によって製造され、摩耗領域で同社の広範な冶金知識に基づいて作られています。 DUROXITEオーバレイは、均質結合による最適な炭化物組成層により、厳しい研磨摩耗や低レベルの衝撃摩耗に効果を発揮します。
DUROXITEオーバーレイ製品は、最も極端な摩耗状況に数週間、数ヶ月、さらには何年もトラブルなしで作業できます。

耐摩耗鋼HARDOXと云う商品名は多くの方が1度はお聞きになった事もあると思います。 世界NO.1の特殊鋼材専門のスウェーデンスティールが誇る看板製品耐摩耗鋼ですが、勿論、万能と云う訳ではありません。 HARDOXの特徴は、高い硬度を有しながら靭性にも優れ、衝撃に強い耐摩耗鋼である事は有名です。 しかしながら、衝撃がない、または小さい衝撃の滑り摩耗では、セラミックなどの耐摩耗商品には見劣りがすると 言われておりました。しかし、セラミックスなどは加工し難く、コスト面が高いという欠点もありました。 スウェーデンスチールは、HARDOXの弱みとされてきた硬い物体が流れる際の滑り摩耗に特に優れた 耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE(デュロキサイト)を発売し、いよいよ日本上陸が直近に迫ってきております。

耐摩耗肉盛鋼板DUROXITEは、SS400クラスの軟鋼へ耐摩耗性材料(クロムカーバイド)で肉盛された鋼板です。 軟鋼の母材に変えHARDOX450を母材にしている種類もあります。 また、耐摩耗性材料を変えて、ハイグレードのタイプも用意されているようです。 DUROXITEの最大の特徴は、硬い粒子などが流れる滑り摩耗に特に効果があると言われており、HARDOXの 弱点を補う役割が期待できます。

DUROXITEには、
 ・DUROXITE 100:軟鋼材をベースにして、表面をクロムカーバイトを肉盛しています。
 ・DUROXITE 101:軟鋼の代わりにHARDOX450をベースプレートにしています。
 ・DUROXITE 200:軟鋼をベースにして、特殊配合研磨合金材を肉盛しています。
 ・DUROXITE 201:軟鋼に変わり、HARDOX450をベースプレートに特殊配合研磨合金を肉盛しています。

また、DUROXITEは、ある条件下で切断、曲げ、溶接、穴あけなどの加工も施せる特性も兼ね備えておる。
更にDUROXITE WIREも用意されており、溶接個所への使用により耐摩耗性を伸ばす事が可能になっています。
DUROXITEは、スウェーデンスティールの認定加工企業であるHardoxWearpartsのみで販売される商品です。 今後詳細が分かり次第、随時、情報をお知らせいたしますのでご期待ください。

動画で耐摩耗肉盛鋼板DUROXITEの特徴をご紹介:
★この動画はSSAB社のホームページより転載
 

耐摩耗肉盛鋼板DUROXITEは、軟鋼またはHardox耐摩耗鋼板の上に肉盛りされた耐摩耗性材料で構成されています。 最適な炭化物組成は、ベースメタルとオーバーレイとの間の均質な結合を保証し、製品の耐摩耗性と耐用年数を増加します。

 

耐摩耗肉盛鋼板 DUROXITEのご紹介はコチラ

耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE 100データシート【英語版】はコチラ

耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE 200データシート【英語版】はコチラ

耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE 201データシート【英語版】はコチラ
 

 耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE(デュロキサイト)の特徴と応用例

耐摩耗鋼丸棒TOOLOX(ツーロックス)丸棒 DUROXITEにはオーバレイの厚さ、厚みの公差、プレート平坦度の公差が保証され、プレート全体にわたって安定した摩耗特性が保証されています。
DUROXITEは、採石場、セメント、エネルギー、製鋼所、リサイクル、鉱業およびアスファルトなどで活躍してます。 DUROXITEは、何種類のグレードがあります、岩石、砂、砂利、その他の物質が摩耗部品の表面に沿って叩かれたり摺動したりする状態と衝撃の角度、速度、および作業温度に合わせて、 最適なDUROXITE製品を選べます。

耐摩耗肉盛鋼板DUROXITEの特徴:

品質保証:
・表面から肉盛り部の深さの75%までの耐摩耗性を保証。
  *耐摩耗性を保証とは、ASTM G65摩耗試験での重量損失を保証しています。
  *ASTM G65摩耗試験は、オーバーレイ材料の75%の深さまで行われ、上面からの一貫した良好な耐摩耗性を保証する。
  *肉盛りの残りの25%は、ベースプレートと の良好な結合を維持するのに不可欠な遷移層となります。
・オーバーレイ厚さの全体的な許容誤差は、指定された厚さの±10%以内で保証されます。
・プレートの平坦度の公差は、1.5MX3.0M以内は±3mm;1.8MX3.0M以上は板厚により±25mm~±6mm以内で保証されます。

最適なカーバイド組成組織:
良好な耐摩耗性と均質な結合を保つために常に30〜50%の基本クロムカーバイドを保持します。

良好な成形性:
オーバーレイ表面上の千鳥ひび割れパターンによる良好な成形性を持ち、プレートの曲げ、処理された材料の円滑な流れが保証されます。

多層オーバーレイ:
単層肉盛りだけでは無く、多層肉盛りもあります、多層盛により更に耐摩耗性を向上させることが可能です。

加工可能:
ある条件下で切断、曲げ、溶接、穴あけなどの加工も可能です。

多種類のグレード:
何種類のグレードがあり、用途に合わせて選択が可能です。

耐摩耗肉盛鋼板DUROXITEの応用例:
★写真はSSAB社のホームページより転載

鉱業:
ブルドーザーブレード
ライナー
オープンピットバケット
 

セメント:
スラットコンベヤー底部ライナー
シュート
ローラーカバー
 

リサイクル:
排出シュート
リサイクル用ローターキャップ
リサイクルシュレッダー
 

 

 耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE(デュロキサイト) 100

耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE 100 DUROXITE 100は、クロムリッチの耐摩耗性材料をSS400同等レベルの一般鋼材に肉盛り堆積させることによって製造された高品質、高性能の多目的オーバーレイ製品です。

DUROXITE 100は、 厳しい研磨環境用に特別に設計され、低〜中程度の衝撃のアプリケーションに適しています。

DUROXITE 100の基本情報:

・母材:SS400同等レベルの一般鋼材
・肉盛硬質合金:クロムカーバイト; 硬度:1700HK
  *ヌープマイクロ硬度HKはアメリカのwilson社の考案による硬さ試験法です。脆性材料に向き、得られる値は比較的ビッカース硬さに近い。
・表面硬度:55〜64HRC(単層:55〜57HRC; 二層:59〜62HRC;三層:60〜64HRC)
  *表面硬度は、オーバーレイ表面のすぐ下の機械加工された平坦な表面上で測定される。
・耐熱温度:350℃(参考数値:表面硬度は540℃までの高温下では55HRCとなります)
・厳しい滑り摩耗及び低〜中程度の衝撃用途に適しています
・表面から肉盛部の深さの保証:肉盛の深さは75%までの耐摩耗性を保証
 (肉盛りの残りの25%は、ベースプレートとの良好な結合を維持するのに不可欠な遷移層となります)
・肉盛り部の厚み保証:指定された厚みの±10%以内が保証
・平坦度保証:1.5MX3.0M以内は±3mm;1.8MX3.0M以上は板厚により±25mm〜±6mm以内で保証されます。

DUROXITE 100の主な用途:

・鉱業:シュート、ホッパー、ライナー、バケット、掘削機
・セメント:シュート、排出コーン、ダクト、ライナー、ホッパー
・製鉄:ブレード、ホッパー、ライナー
・発電:石炭排出シュート、クラッシャースクリーン、ライナー

DUROXITE 100の主な規格:

肉盛層:単層
厚み(肉盛on母材):
3mm on 6mm
5mm on 8mm

板サイズ:
1.2M X 2.4M
1.5M X 3.0M
1.8M X 3.0M
2.4M X 3.0M

肉盛層:多層
厚み(肉盛on母材):
6mm on 6mm
6mm on 10mm
10mm on 10mm
12mm on 12mm
20mm on 10mm

板サイズ:
1.2M X 2.4M
1.5M X 3.0M
1.8M X 3.0M
2.4M X 3.0M

*国内入荷サイズは、当面6mm on 6mm、1.5MX3Mを予定しておりますが、在庫と納期については、ご相談ください。 上記サイズは、データーシート表記のままの記載しています。

耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE 100データシート【英語版】はコチラ

 

 耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE(デュロキサイト) 101

耐摩耗鋼丸棒TOOLOX(ツーロックス)丸棒 DUROXITE 101は、クロム材料の肉盛りクロムリッチの耐摩耗性材料をHARDOX450ベースプレートに肉盛り堆積させることによって製造された耐摩耗肉盛鋼板です。

DUROXITE 101は、DUROXITE 100と比べて、塑性変形性と耐衝撃性が改善されました。

DUROXITE 101の基本情報:

・母材:HARDOX450
・肉盛硬質合金:クロムカーバイト; 硬度:1700HK
  *ヌープマイクロ硬度HKはアメリカのwilson社の考案による硬さ試験法です。脆性材料に向き、得られる値は比較的ビッカース硬さに近い。
・表面硬度:59-62HRC
  *表面硬度は、オーバーレイ表面のすぐ下の機械加工された平坦な表面上で測定される。
・耐熱温度:350℃(350°までの室内と高温の両場面でDuroxite100よりも高い耐衝撃性を提供し、とくに耐衝撃性は室温でより良い結果をもたらします。)
・厳しい滑り摩耗及び低〜中程度の衝撃用途に適しています
・表面から肉盛部の深さの保証:肉盛の深さは75%までの耐摩耗性を保証
 (肉盛りの残りの25%は、ベースプレートとの良好な結合を維持するのに不可欠な遷移層となります)
・肉盛り部の厚み保証:指定された厚みの±10%以内が保証
・平坦度保証:1.5MX3.0M以内は±3mm;1.8MX3.0M以上は板厚により±25mm〜±6mm以内で保証されます。

DUROXITE 101の主な用途:

・鉱業:ローダーバケットライナー、バケットリップ、サイドシュラウド
・セメント:ヒールパッド、脱水コンベヤ
・発電:石炭排出シュート

DUROXITE 101の主な規格:

肉盛層:多層
厚み(肉盛on母材):
6mm on 6mm
10mm on 10mm
12mm on 12mm
6mm on 20mm
6mm on 25mm
6mm on 32mm

板サイズ:
1.2M X 2.4M
1.5M X 3.0M
1.8M X 3.0M

*国内入荷サイズは、当面6mm on 6mm、1.5MX3Mを予定しておりますが、5月15日時点で国内在庫は未だありません。納期については、ご相談ください。 上記サイズは、データーシート表記のままの記載しています。

 

 耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE(デュロキサイト) 200

耐摩耗鋼丸棒TOOLOX(ツーロックス)丸棒 DUROXITE 200は、特殊配合研磨合金材(Cr、Nb、Mo、V、Bなどを含む)をSS400同等の一般鋼材に付着した肉盛り鋼材です。

DUROXITE 200は、非常に硬い複数の合金が多いため、DUROXITE 100よりも3〜4倍長い寿命を提供、激しい摩耗性と600℃までの衝撃に耐える繊細なカーバイド肉盛り鋼材です。

DUROXITE 200の基本情報:

・母材:SS400同等レベルの一般鋼材
・肉盛硬質合金:特殊配合研磨合金材; 硬度:2500HK〜3000HK
  *ヌープマイクロ硬度HKはアメリカのwilson社の考案による硬さ試験法です。脆性材料に向き、得られる値は比較的ビッカース硬さに近い。
・表面硬度:57〜65HRC(単層:57〜60HRC; 二層:60〜65HRC)
  *表面硬度は、オーバーレイ表面のすぐ下の機械加工された平坦な表面上で測定される。
・耐熱温度:600℃(二層オーバーレイは、最大600°Cまで完全耐摩耗性を維持します)
・非常に激しい摩耗及び中〜高程度の衝撃用途に適しています
・表面から肉盛部の深さの保証:肉盛の深さは75%までの耐摩耗性を保証
 (肉盛りの残りの25%は、ベースプレートとの良好な結合を維持するのに不可欠な遷移層となります)
・肉盛り部の厚み保証:指定された厚みの±10%以内が保証
・平坦度保証:1.5MX3.0M以内は±3mm;1.8MX3.0M以上は板厚により±25mm〜±6mm以内で保証されます。

DUROXITE 200の主な用途:

・鉱業:シュート、ライナープレート、コンベヤーサイド、地下鉱山スキップ
・セメント:セメント炉部品、焼結プラント部品、ファンブレード、ミキサーブレード、クルー、旋削マントル、石炭およびセメント粉砕ロール、原料破砕部品、成形パネル
・製鉄:鉱石の焼結、粉砕、塊状化、高炉ホッパー、送料口およびオーブン

DUROXITE 200の主な規格:

肉盛層:単層
厚み(肉盛on母材):
3mm on 6mm

板サイズ:
1.2M X 2.4M
1.5M X 3.0M
1.8M X 3.0M
2.4M X 3.0M

肉盛層:多層
厚み(肉盛on母材):
6mm on 6mm
6mm on 10mm
10mm on 10mm

板サイズ:
1.2M X 2.4M
1.5M X 3.0M
1.8M X 3.0M
2.4M X 3.0M

*国内入荷サイズは、当面6mm on 6mm、1.5MX3Mを予定しておりますが、5月15日時点で国内在庫は未だありません。納期については、ご相談ください。 上記サイズは、データーシート表記のままの記載しています。

耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE 200データシート【英語版】はコチラ

 

 耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE(デュロキサイト) 201

耐摩耗鋼丸棒TOOLOX(ツーロックス)丸棒 DUROXITE 201は、特殊配合研磨合金材を高い降伏強度HARDOX450に付着した肉盛り鋼材です。

オーバーレイとベース鋼の間で高い硬度およびより良好な接合特性により塑性変形に優れて、重度の摩耗および衝撃に適しています。

DUROXITE 201の基本情報:

・母材:HARDOX450
・肉盛硬質合金:特殊配合研磨合金材; 硬度:2500HK〜3000HK
  *ヌープマイクロ硬度HKはアメリカのwilson社の考案による硬さ試験法です。脆性材料に向き、得られる値は比較的ビッカース硬さに近い。
・表面硬度:60〜65HRC
  *表面硬度は、オーバーレイ表面のすぐ下の機械加工された平坦な表面上で測定される。
・耐熱温度:350℃(最高350℃の室内と高温の両方でDUROXITE 200より高い耐衝撃性を提供しますが、衝撃性能は室温で最高です)
・重度の摩耗および衝撃用途に適しています
・表面から肉盛部の深さの保証:肉盛の深さは75%までの耐摩耗性を保証
 (肉盛りの残りの25%は、ベースプレートとの良好な結合を維持するのに不可欠な遷移層となります)
・肉盛り部の厚み保証:指定された厚みの±10%以内が保証
・平坦度保証:1.5MX3.0M以内は±3mm;1.8MX3.0M以上は板厚により±25mm〜±6mm以内で保証されます。

DUROXITE 201の主な用途:

・鉱業:スクリーンプレート、ローダーバケットライナー、ボールミル用の供給システム、ローダーバケットライナー、バケットリップシュラウド、 バケットサイドシュラウド、シュート、ライナープレート、スキップライナー
・セメント:バケットサイドシュラウド、シュート、ライナープレート、スキップライナー、セメント粉砕ロール、原料破砕部品、成形パネル
・発電:石炭排出シュート

DUROXITE 201の主な規格:

肉盛層:多層
厚み(肉盛on母材):
6mm on 6mm
10mm on 10mm
6mm on 20mm
6mm on 25mm
6mm on 32mm

板サイズ:
1.2M X 2.4M
1.5M X 3.0M
1.8M X 3.0M

*国内入荷サイズは、当面6mm on 6mm、1.5MX3Mを予定しておりますが、5月15日時点で国内在庫は未だありません。納期については、ご相談ください。 上記サイズは、データーシート表記のままの記載しています。

耐摩耗肉盛鋼板DUROXITE 201データシート【英語版】はコチラ

当サイトの情報及びデータの無断流用は固く禁じています
Copyright © 2017 株式会社共和工業所製品と技術資料 All rights reserved.
by 耐摩耗鋼板HARDOXを活用した移載装置|株式会社共和工業所